« 深大寺に行って来ました | トップページ | 冬の木々 »

2012年1月 6日 (金)

鬼太郎茶屋(調布・深大寺)

鬼太郎茶屋(調布・深大寺)

深大寺のバス停近くにある『鬼太郎茶屋』

調布在住の水木しげる氏の漫画『ゲゲゲの鬼太郎』のお店です。

鬼太郎茶屋(調布・深大寺)

妖怪たちが勢ぞろいで~す!

鬼太郎茶屋(調布・深大寺)

「今日も寒いねぇ~」なんて会話しているよう・・・

鬼太郎茶屋(調布・深大寺)

目玉のおやじの焼き団子です(1本500円)

鬼太郎茶屋(調布・深大寺)

目玉のおやじの焼き団子は、生地がほんのり甘く、                      裏側には味噌だれが塗られていて甘辛味でした〜

|

« 深大寺に行って来ました | トップページ | 冬の木々 »

OLYMPUS PEN」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おぉ。キタロウ・・・。

水木しげるセンセイといえば鳥取のイメージが
強かったのですが、調布にもこんな場所があるのですね。

目玉のオヤジ団子。 カワイイです^^ 味も美味しそう~

投稿: meets | 2012年1月 7日 (土) 00時20分

目玉オヤジの焼き団子・・目が焼かれて熱い~~!!

投稿: のんびり | 2012年1月 7日 (土) 10時12分

meetsさんへ

水木しげるさんは鳥取のお生まれなんですよね。

今は調布に住んでおられるので

商店街などにもゲゲゲの妖怪たちが

いろんな所に居ますね。

団子はよく売れていましたね~

味は普通の団子なのに目玉を付けるだけで

売れちゃうんですよね~

投稿: きなこもち | 2012年1月 8日 (日) 12時22分

のんびりさんへ

何本も刺して焼いてる様子は

目玉が熱そうかも~

茶屋の中でもゲゲゲにちなんだ

いろんな面白メニューがあるみたいです。

投稿: きなこもち | 2012年1月 8日 (日) 12時29分

境港にもまだ行けてないんですが、
調布にも、あったんですねhappy01
どーしても鳥取のイメージが強くて。。。
しかし、焼き団子、500円とは高いですね〜
大きいのかしら?

投稿: 大海 | 2012年1月 8日 (日) 14時47分

こんにちは!
深大寺は、お蕎麦やお団子など、
つい食い気先行になってしまいますが、
鬼太郎茶屋もついお団子に目が(笑)
建物内はどんな風になっているのか、
気になります。

投稿: YOKO | 2012年1月 8日 (日) 16時27分

ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ 楽しそうだね、行ってみたいわ(・∀・)イイ!
ぜひぜひ。。。

投稿: ひろりん | 2012年1月 8日 (日) 23時11分

こんばんは

鬼太郎は小さい頃からずっと見てたので
大好きなキャラクターです。
とは行っても鳥取にはまだ行ってないのですが
目玉のおやじの焼き団子は鬼太郎が焼いてるんですね
楽しい一日になりましたねhappy01

投稿: Rossy | 2012年1月 8日 (日) 23時14分

大海さんへ

鳥取にも鬼太郎茶屋があるみたいですね。

水木しげるさんが、調布に住んでおられるので

こちらにも出来たのでしょう。

団子で500円は高いですよね~

けっこう大きいサイズではありましたが・・・

投稿: きなこもち | 2012年1月 9日 (月) 20時13分

YOKOさんへ

今回は混んでいたので茶屋の中には入らなかったのですが

鬼太郎グッズがいっぱいありましたよ。

茶屋のメニューも漫画にちなんだ和の甘味が

いろいろありました。

今度、行った時はぜひ食べてみたいと思ってます。

投稿: きなこもち | 2012年1月 9日 (月) 20時17分

ひろりんさんへ

深大寺周辺には、たくさんのお店がありますが

ここは、かなり人気のようで賑わっていましたね。

鬼太郎ファンには、たまらないグッズがいっぱいです!

投稿: きなこもち | 2012年1月 9日 (月) 20時19分

Rossyさんへ

私もよく鬼太郎は見てましたね~

個性的な妖怪たちがとても魅力的で・・・

団子は、ほんのり甘くて美味しかったです!

ちょっと値段は団子にしては高いですが~

投稿: きなこもち | 2012年1月 9日 (月) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1113888/43648243

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼太郎茶屋(調布・深大寺):

« 深大寺に行って来ました | トップページ | 冬の木々 »